消費者金融と銀行カードのカードローンの大きな違いとは?

 

最近は貸金業者だけでなく、地方の銀行や信用金庫でもカードローンを扱っているので、多くの人が利用しています。正社員だけでなく、アルバイトやパートで生計を立てている人でも、借りやすいローン商品も沢山用意しているので人気があります。

カードローンの申込みをどこにするか迷う人も多いですが、消費者金融と銀行カードのカードローンの違いをしっかり把握することが大事です。消費者金融は総量規制があるので、年収の3分の1までしか融資を受けられない決まりになっています。年収がまったくない専業主婦は、申込めない所も多いので注意が必要です。銀行カードのカードローンは総量規制がないので、年収を気にすることなく借り入れができます。年収のまったくない専業主婦でも、配偶者に安定した収入があることを条件に融資を受けることができます。

銀行カードは金利が低い所が多いので、返済は楽になりますが、審査に時間がかかったり、融資に時間がかかるので、急いでお金を借りたい人には向きません。消費者金融は金利は高めですが、審査が早く即日融資にも対応していることが多いので、急いでお金を用意したい人にはむいています。

銀行カードは限度額も高額で金利が低いので、借り換えやおまとめとして利用しやすいのも特徴です。借り換えやおまとめで、複数の借入を一本化すれば、毎月の返済もかなり楽になります。返済計画もたてやすくなるので、ゆとりをもった生活をおくれるようになります。
カードローン借り換え低金利ランキング@カリカエルはこちら