アコム60万円の借り入れには収入証明が必要になる?

 

よく耳にする質問で「収入証明は必ず必要なの?」というものがあります。
いつなんどきでも収入証明が必要なのではなく、改正貸金業法にのっとって一定の金額に達した場合に収入証明が必要となります。
この一定の金額、実は2種類あります。

一つめがアコムからの借り入れが50万円を超える契約となる場合です。
これは実際の借り入れ金額ではなく50万円を超える契約となりますので借入限度額のこととなります。
60万円が借入限度額として設定されて30万円の利用を考えているとしても契約限度額は50万円を超えているため収入証明が必要となります。

もう一つが他社からの借り入れを含めて借り入れ金額の総額が100万円を超える場合です。
この時に住宅ローン、自動車ローン、銀行ローン、クレジットカードのショッピング枠は借り入れ総額の中に含まれません。
消費者金融からの借り入れ、そしてクレジットカードのキャッシング枠が対象となります。
一つめとなるアコムの借り入れが50万円以上の契約となる場合、と比較すると二つめは借り入れの総額となりました。
実はこちらの場合、契約限度額ではなく現在の借り入れ総額で計算することとなります。
契約限度額がいくらであっても、借り入れ金額の総額と新たに借り入れをするアコムの借り入れ金額の合計が100万円を超える場合に収入証明を提出することとなります。

収入を証明するためには源泉徴収票や市民税県民税の税額決定通知書を持参しましょう。